相続の注意点

相続自分の父親が亡くなって借地権を相続するような場合には先に述べたように借地権の相続にあたって地主の許可を得る必要はないのです。これが叔父からの譲渡つまり遺贈となるような場合には地主さんの承諾と承諾料が必要になってくるので注意が必要です。親戚だから大丈夫というわけではないのです。もしも地主が何らかの理由で借地権の遺贈を承諾しなかった場合には家庭裁判所へ申し立てをして借地権譲渡の承諾に代替する許可を得る必要がありますが、この申し立てをしても却下されてしまった場合にはその借地権は遺贈できなかったということになってしまいます

少し想像しただけでもこうした不動産の相続に関して地主さんなど他人が少なからず関係している場合にはトラブルが多そうだということは予想がつくでしょう。さらに複雑なケースとしては、元々契約を交わした地主さんがその土地を第三者に売却した場合です。新たな地主さんが土地からの退去を求めてきた場合、借地権を持っていても立ち退かなくてはいけない事態になってしまうのです。これに対抗するためには自分が住んでいる建物に借地人の登記をしておくことなどが重要です。思わぬ事態に対処できるように準備しておきましょう。