底地取扱店に相談

借地権の売却を考えるのであれば不動産会社に任せると良いのですが、すべての不動産会社が相続借地権の取り扱いをしているわけではありません。やはりトラブルが多いというイメージがあり、相続借地権の売買を扱っていない不動産会社もあります。借地権の売買をおこなっている不動産会社を底地取扱店と呼びます。なぜトラブルが多いかというと、親から借地権を相続するだけであれば地主の許可もいらないわけですが、相続した借地権を第三社に売る場合には地主の承諾が必要になるからです。そしてその際には譲渡承諾料なども必要になってきます。

不動産会社また相続に際していろいろと複雑な状況が生じる場合もあります。例えば借地権と建物を相続する場合に、借地権の名義は父親の名前になっているのに、建物の名義は母親の名前になっているというケースもあります。名義人の名前がそれぞれ違う場合などはさらに契約書を確認したりと面倒な展開になることもあります。こうしたことを考えると自分で煩雑な手続きや確認をおこなうよりも底地取扱店の不動産会社に相談し、任せておいたほうが物事がスムーズに進むであろうことは想像に難くありません。将来的に借地権や借地に建っている建物を相続する可能性のある人はこうした点を覚えておきましょう。