売却できる借地権

こうして考えてみると借地権というものはとても貴重な権利であり、財産であるということがよくわかってきます。マイホームを建てる場合などは当然土地自体も自分の所有のほうが良いはずだと思い込んでいる人もいると思いますが、これはやはりなにを重視するかによって考え方が違ってきます。借地権を得て借地に建物を建てる場合、その土地を所有しているわけではないので、その土地の固定資産税や都市計画税はかからないことになります。土地の価格が高いエリアにおいては、土地の所有権を買うよりもそのほうが金銭的なメリットが大きいと考える人も多いのです。

借地権さらに将来的に自分の家を売却する場合には、借地権付きの物件として売りに出すことができます。先ほど述べたように借地権というのは財産であり貴重な権利ですから、相続することもできれば、売却することもできるのです。借地権を相続する人は基本的な権利や手続きはもちろん、そこに住み続けることもできるし、権利を売却することもできるということを覚えておきましょう。ただしご想像の通り自動車を売るというのとはワケが違いますので、借地権などの売却に関しては買取りに詳しい専門家に任せることをおすすめいたします。