借地権の相続

ケースマイホームが建っている土地が自分たちの所有ではないというケースも世の中には多いです。つまり借地上に建物を建てて住んでいるという場合です。そのような借地上の建物を相続する場合には、借地権を相続するということになります。他人の土地に設定された貸借権を相続などできるのかと不思議に思う人もいるかもしれませんが、この借地権はれっきとした財産なので当然相続できるものです。借地権を相続するとなると、その借地の持ち主である地主に承諾をもらう必要があるのかと考えがちですが、実はこうした相続の場合は地主の承諾は必要なく、土地の賃貸借契約書の内容を書き換える必要もないのです。ただ地主に対して借地権を相続したことを通知するだけで大丈夫です。

こうした法律に通じていない地主から土地の返還を求められるケースなどがあるのですが、そうした要求に応じる義務はありません。借りている土地の建物を第三者に譲渡する場合などは絶対に地主の承諾が必要になるので、それと今回のような相続のケースを混同して考えてしまう人が多くいます。そうした要求をされた時には不動産屋や弁護士などの専門家にも相談しつつ、冷静に地主に対して対応していきましょう。多くの場合先方は悪意があるわけではなく、ただ正確な知識を持っていないだけということが考えられますので、こちらも喧嘩腰にならないようにして、正確な法律の決まりを丁寧に説明できるようでありたいものだと考えます。

参照サイト…借地権 無料相談ドットコム|相続問題